製品紹介
理化学装置関連
高周波、各種応用機器
分析機器アタッチメント
DLTS加熱冷却ステージ
概要
 本装置はDLTS測定用の加熱冷却用アタッチメントで、真空チャンバー内の加熱冷却ステージ上に配置されたサンプルを90~773Kの任意の温度に加熱冷却し測定することを目的とするものです。
仕様
1. 測定温度90K~773K
2. 温度安定性±0.5K
3. 温度検出素子熱電対 Type K
4. 加熱速度45K/min
5. 冷却速度10K/min
6. 信号端子5点(BNC)
7. 温度分布±1℃以内(10×10mm)
8. ステージ構造フローティング(外部グランド)
9. LN2消費量20H/10L(90K)
10. 冷却方式LN2フロー方式
11. 加熱方式ヒーター加熱方式
構成
・加熱ステージ本体
・ダイアフラムポンプ
・真空ポンプ
・トランスファーチューブ
・フレキシブルチューブ(真空用)
・LN2サイホン
・流量コントローラー
・ケーブル類
・真空三方アダプター(NW16)

ポリパラキンレン蒸着用冷却ステージ
(JTCM-MJ-001)
装置概要
 本装置は、ポリパラキンレン蒸着用の冷却ステージで、サンプルを-80℃に冷却する為の低温装置です。
冷媒として液体窒素を使用し、ステージに設置されたヒーターによりサンプル温度を-80℃~+150℃の範囲で温度調整することが可能です。
仕様
1. 温度制御範囲-80℃~+150℃
2. 到達温度-85℃以下
3. 温度制御精度±0.5℃以下
4. 温度分布±2℃以内
(φ100以内、両面)
5. 温度検出素子クロメル・アルメル(K)
6. サンプルサイズφ100mm(MAX)
7. 連続試験時間 12時間以上(at-80℃)
8. 到達圧力6.6×10^-1Pa以下
(5×10^-3Torr)
9. 蒸着圧力2.6Pa程度
(20×10^-3torr)
電源
1. コントローラー用 AC100Vコンセント 5A
2. ロータリーポンプ AC100Vコンセント 2.4A
3. ダイアラムポンプ AC100Vコンセント 5.6A
装置の構成
・冷却ステージ(両面装着可)
・ステンレスチャンバー
・液体窒素容器(20L)
・温度コントローラー
・ロータリーポンプ
・ダイアラムポンプ
・ケーブル
・チューブ
・継手



ペルチェ素子加熱冷却ステージ
(JTCM-PJ-001)
装置概要
 本装置は、ペルチェ素子を用いた加熱冷却ステージで、サンプルを加熱・冷却する為の装置で、 サンプル温度を0℃~+100℃の範囲で温度調整することが可能です。
素子の冷却は水を利用します。
仕様
1. 本体寸法 : 縦 80mm
2. 本体寸法 : 横 80mm
3. 本体寸法 : 高さ 63mm
4. ステージ寸法 52㎜×52㎜
5. 温度制御範囲 0℃~+100℃
6. ステージ高さ調節範囲 ±3mm
装置の特徴
・冷却水が必要。
・コントローラーにより0℃~+100℃までの制御が可能。

光学用4.2Kクライオスタット
(JHCS-HK-4.2-005)
概要
 本装置は光学測定用サンプルを4K温度で冷却する為の極低温装置です。
冷却装置として4K以下の冷却が可能なGM冷凍機を装備し、 冷凍機コールドヘッドに設けられたヒーターによりサンプルを4.2K~300Kまで温度制御する事が可能です。
構成
1. 4Kクライオスタット
(4KGM冷凍機含む)
1台
2. 圧縮機ユニット 1台
3. アッセンブリホース(3m) 2本
4. 付属品(ケーブル、その他) 1式
5. 架台(移動ステージ付き) 1式
6. 真空排気装置
(フォアライントラップ、オイルミストトラップ、フレキシブル管付き)
1式
仕様
1. 使用温度範囲 到達温度~300K
2. 到達温度 4.2K以下
3. 温度安定性 ±0.1K
4. 温度検出素子 金鉄/クロメル熱電対
5. 冷却速度(10Kまで) 150min以内
6. サンプルサイズ 10mm×10mm×t2mm (MAX)
*別途お打ち合わせにより特別仕様可能です。

4.2K用温度コントローラー
(JHCC-HK-4.2-CP01)
概要
本装置は4.2Kクライオスタットのサンプル温度を制御する為の温度コントローラーです。
構成
1. 温度コントローラー1台
2. 温度補償器 (金鉄/クロメル熱電対)1台
3. 付属品 (ケーブル、その他)1式
仕様
1. 温度調節計 チノー製DB1000
2. 温度制御方式 サイリスタ位相制御
3. 温度検出素子 金鉄/クロメル熱電対
4. 過加熱防止機能 DB1000のアラーム使用
5. 制御プログラム 1ステップ (昇温速度と設定温度の組み合わせ)
*別途お打ち合わせにより特別仕様可能です。

ホール効果測定用加熱ステージ
JHHS-600
概要
 弊社ホ-ル効果測定装置へ取り付け、 室温から600℃下で測定するためのステ-ジです。 また、チャンバ-内は真空または雰囲気にて使用します。
構成
1)チャンバ-本体
2)温度コントロ-ラ-
3)水冷却用ホ-ス(10m)
4)予備品 (プロ-ブ6本、その他破損し易い部品の予備)
仕様
1. 温度範囲室温~600℃(最高温度)
2. 温度制御精度±0.5℃
3. ヒ-タ-白金チャンバ-外面温度 最高温度のとき、触っても熱くない事(常温時と同等)
4. 熱電対磁場の影響を受けないこと。
また、試料に出来るだけ近く極力試料と同じ温度を測定出来る場所へ付ける。
5. 覗き窓材質:600℃にて影響をうけないもの。
寸法:20mmφ程度
閉時は、遮光でき、熱が外に漏れない事。
6. 外部信号取り出し端子6個(BNC端子)
7. 信号取り出しクランプ式 (6端子)
8. 測定使用電流1pA~20mA
9. 測定サンプル形状正方形、ムカデ形、ブリッジ形

4.2Kホール効果
JHCS-GM4.2K
概要
 本装置はホール効果測定用サンプルを4K温度で冷却する為の極低温装置です。  冷却装置として4K以下の冷却が可能なGM冷凍機を装備し、  サンプル温度を4Kから室温までの範囲で温度調節する為に必要な温度センサー及びヒーターを装着しております。
構成
1. 4Kクライオスタット
(4KGM冷凍機含む)
1台
2. 圧縮機ユニット1台
3. 温度コントローラー1台
4. アセンブリホース(3m)2本
5. 付属品(ケーブル、その他)1式
6. 架台(移動ステージ付き)1式
7. ロータリーポンプ(フォアライントラップ、オイルミストトラップ、フレキシブル管付き)1式
仕様
1. 使用温度範囲到達温度~300K
2. 到達温度4.2K以下
3. 温度安定性±0.1K
4. 温度検出素子金鉄/クロメル熱電対
5. 冷却速度(10Kまで) 150min以内
6. サンプルサイズ10mm×10mm×t2mm (MAX)
7. 信号端子6点(BNC)



XR解析用高温ステージ
 
概要
  本装置はXR解析用のアタッチメントでRT~300℃までの温度で試料を加熱し、測定することを目的とするものである。本装置は加熱セルト、温度コントローラーから構成される。
仕様
1. 到達温度300℃ MAX
2. 温度制御範囲RT~300℃
3. 温度制御制度±0.5℃
4. 使用圧力範囲1×10-2 Pa ~ 1×10-5 Pa
5. 測定モード透過
6. 有効径φ9㎜
7. 出射角度30℃
8. 入射窓ベリリウム φ15
9. 出射窓ベリリウム 15㎜×30㎜

クライオスタット
 
概要
  本装置は、温度可変クライオスタットとクライオスタット内の試料温度を制御するための温度コントローラーから構成されています。 自動設定されるPID制御出力による時間割出力よって、ヒーターで加熱制御し同時に電磁弁で液体窒素の流量制御するため、 高精度の温度制御が可能です。
仕様
1. 温度制御範囲-190℃~RT
2. 温度制御精度±0.5℃
3. 温度制御方法PID制御時間パルス出力方式
加熱、冷却両制御
4. 制御出力ON/OFF 時間分割出力方式
5. 温度検出素子銅-コンスタンタン熱伝対
6. 温度表示デジタル式 パネルスイッチ操作
7. ヒーター出力容量30Watt Max
8. 加圧圧力/リリーフ弁0.7kg/cm2
9. 所要電力50/60Hz100V200VA
10. 液化ガス容量2l
用途
・素子冷却
・光学測定(紫外、可視、赤外)、FT-IR、蛍光分析
・赤外線検知器冷却
・X線回折
特徴
・アタッチメントの交換により多様多種な分析・測定が可能です。
・冷却出力によって直接ノズルからLN2を試料に吹き付けるためLN2の蒸発料が少ない。
構成
・クライオスタット CS-2000
・温度コントローラー TC22
・ケーブル(電源コード・ヒーターコード・電磁弁コード・熱伝対コード)
・ロート
・架台
オプション
・試料室、排気用、ロータリーポンプ、フレキシブルホース
・連続測定用、液化ガス自動補給装置

触媒反応加熱セル
 



液体窒素用光レベル検出器
 


温度コントローラー