製品紹介
理化学装置関連
高周波、各種応用機器
液体窒素自動供給装置
JSNシリーズ
液体窒素自動供給装置/JSN
・大気中の窒素ガスを分離
・液体窒素を自動供給、発生、貯蔵
・液体窒素の手動取出しも可能
・デジタルオプティカルセンサーによる液面コントロール
・カラータッチパネルによる簡単操作
用途
・NMR、超電導マグネット
・電子顕微鏡用検出器
・クリンルームや原子力関連施設等の、液体窒素の搬入が面倒な場所への設備
機器構成
・極低温冷凍機ユニット
・窒素ガス発生装置
・液体窒素デュワー
・デジタルオプティカルセンサー
・タッチパネル+制御機器
・防音ケースユニット
・トランスファーチューブ
型 式 50DP-AS□□-16S4 100DP-AS□□-16S4
基本性能 窒素ガス発生量 10L/min(99%)
液化量 16L/day (50Hz)
18L/day (60Hz)
容器容量 50L 100L
液体窒素移送量 0.6L/min
設置 設置距離 3~8m
液体窒素移送距離 8m MAX
設置スペース(mm) W1000×D1100×H2100 W1200×D1200×H2380
電力 電源 三相200V
消費電力 3.3kW/4.1kW (50Hz/60Hz)
冷却水 水量 3~3.5L/min
入力圧力 0.69MPa以下
入力水温 4~32℃
外 寸 W800×D898×H1898 W900×D998×H2180
重量*1 420kg 460kg
ユニット設置 周囲温度 4~32℃
定期メンテナンス*2冷凍機 10,000時間/1回
定期メンテナンス*2圧縮機 20,000時間/1回
保障期間 1年間
注)
*1:重量はLN2容器が空の状態です。
*2:窒素ガス発生装置の定期メンテナンスは全て10,000時間/1回です。
冷却水循環装置(CW)は別ユニットになります。
外観・仕様は予告無く変更する事が有ります。
冷凍機ユニットと容器の組み合わせにより、上記以外の使用も対応できます。



液体窒素製造装置/JSN-LITE
・JSNの機能を備えながら、安価/空冷/小型化
・ランニングコストもJSNと比較して安価
・空冷化により冷却水ユニットが不要
・供給電源は単相AC100Vと三相AC200Vから選択可能
・標準納期は2ヵ月
用途
・少量の液体窒素の使用
・液体窒素の搬入が困難で範囲を取れない場所への設備
機器構成
・極低温冷凍機ユニット
・窒素ガス発生装置
・液体窒素デュワー
・デジタルオプティカルセンサー
・タッチパネル+制御機器
・トランスファーチューブ
型 式 50DP-□-901-CA 50DP-□-902-CA
基本性能 窒素ガス発生量 10L/min(99%)
液化量 4L/day 5L/day
容器容量 50L
液体窒素移送量 0.6L/min
設置 設置距離 3~8m
液体窒素移送距離 8m MAX
設置スペース(mm) W1200×D1400×H2100
電力 電源 単相100V 三相200V
消費電力 1.7kW/1.9kW (50Hz/60Hz) 2.1kW/2.3kW (50Hz/60Hz)
外 寸 W798×D798×H1798
重量*1 240kg 273kg
ユニット設置 周囲温度 4~38℃
定期メンテナンス*2冷凍機 16,000時間/1回
定期メンテナンス*2圧縮機 30,000時間/1回
保障期間 1年間
注)
*1:重量はLN2容器が空の状態です。
*2:窒素ガス発生装置の定期メンテナンスは全て10,000時間/1回です。
外観・仕様は予告無く変更する事が有ります。
冷凍機ユニットと容器の組み合わせにより、上記以外の使用も対応できます。


カタログはコチラ